【スタジオシスターズ】1/20(土)aスタジオ、Dolbyプロセッサ新調。更なる音質向上+7.1ch上映に対応。bスタちゃんは当然不機嫌。


※シネマ・ツー/aスタジオは2018年1月20日(土)よりDOLBYプロセッサを「CP850」に入替えます。
※このことにより更なる音質の向上を図り、また「7.1チャンネル上映」に対応します。
※彼女たちが「SM」と言っているのは正しくは「SN」で、「S/N比」のことです。
※ここで言っている「S/N比」がいい、というのはカンタンに言うと「ノイズが少ない」ということです。
※この場合のノイズとは、無音の時にわずかに聞こえる「サー」という音を指します。
※ただしプロセッサ入替え後は、aスタのほうが「S/N比」が良くなる可能性があります。

●岩浪音響監督からコメントをいただきました

 映画がたった一つの映画館によって、命運が変わる。

 たとえば、『ガルパン』と「シネマシティ」。

 2年前、音響チームが調整に立ち会った劇場版の極上爆音上映(センシャラウンドファイナル)が立川極爆中毒ガルパニストを次々と感染させ連日満員。
 世界中でたった1館、あの「フォースで宇宙戦争」を押しのけ、謎カーボン戦車女子が伝説の一日7回廻し完売、これは体感型の映画なんだなとひらめいて、異例中の異例、公開後に4DX化が決定し、そして大ヒット。

 さらに2年超のロングランと型破りな興行を成し遂げたすべての発端は…シネマシティでした。

 そのシネマシティのaスタ姉さんが音響施設を5.1chから7.1chにバージョンアップすると聞き、これは恩義を返す絶好な機会じゃないか!

 というわけで、

「ガルパン 最終章 第1話」7.1chにしちゃいました!

 側面と背面に分かれたサラウンドの音響が「音のサーカス」を彩ります。
 ぜひ新次元のシネマシティを体感してください!

 追記:bスタちゃん、ぜひ握手して下さい!



●7.1チャンネル上映ってどういうもの?
〇チャンネル(ch)の数は、独立した音が出ている数です。
〇例えばほとんどの音楽は左右のスピーカーから別々の音が出るようになっていますが、これは2chということになります。
〇映画の場合、現在作られている作品のほとんどが「5.1ch」になっています。
〇ハリウッド大作には「7.1ch版」があるものも増えてきていますが、現状まだ一般的とは言えません。
〇7.1chになると、後ろのスピーカーから独立した音が出せますので、より現実空間に近い立体的な音響を作ることができます。


【スタジオシスターズ】第1話と2話はこちら
https://info.cinemacity.co.jp/ccnews/b_studio_ver_up_201711/

 才口オトウフ先生の
HP:http://otoufu.xrea.jp/ 
Twitter:https://twitter.com/otoufu_material

 

最新のニュース


1/20(土)よりaスタ上映回『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』7.1ch版で上映します。

駐車場「パーク80」設備点検により1/17(水)21:00〜翌朝までお休みします。

【スタジオシスターズ】1/20(土)aスタジオ、Dolbyプロセッサ新調。更なる音質向上+7.1ch上映に対応。bスタちゃんは当然不機嫌。

【7.1ch対応記念】1/20(土)20:00『ガルパンマラソン』(イージーモード)再び開催

映画館で生落語。シネマシティ寄席「ことたま」。2/15(木)第10回のチケットは1/14(日)10:00発売開始

1/16(火)19:00回『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』音響スタッフトークショー開催決定

1/13(土)-1/26(金)「リンチ極音」開催。2週間1日1作ずつ4作品上映

『すばらしき映画音楽たち』1/12(金)13(土)トークショーを開催いたします。

1/14(日)『嘘八百』武正晴監督×足立紳×今井雅子ティーチインを行います!

【お詫び】1/8(月)aスタジオとbスタジオの上映時間を変更いたします。